アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

木の家を注文住宅によって建てるのは、多くの一戸建てを望む人の憧れにもなるものです。
その温もりのある住空間と共に、自然にも優しく健康にも優れた環境を生み出すものとして、政府のバックアップも背景として依然人気があります。
補助金制度を利用することができるのも、最近の普及の理由となっています。
環境にどれほど配慮したものかによって補助金の額も変わりますが、それを考慮した設計を行なってもらえることも特徴として挙げることができます。
また、多くの震災を背景として高い耐震性能も人気の理由のひとつとなっています。
そして高い断熱性や太陽光発電の設置なども注目されるものとなっています。
いかに環境に配慮したものかがトレンドとなってきています。

ハウスメーカーで安く

木の家を注文住宅で検討する場合には、設計事務所と工務店を選ぶ必要がありますが、今ではそれを一括で手掛けるハウスメーカーが手掛けるようになってきています。
建て売り住宅におけるノウハウを活かしてコストを抑えての提供ができるのも、特徴のひとつとなっています。
例えば木材の種類を限定することによって仕入れ値を安く抑えたり、あるいは間取りなどの設計をあらかじめいくつか用意しておく形で、設計費を抑えるなどの工夫が凝らされたものが多く見られるものとなっています。
中には輸入品により安く仕入れた木材を使用したり、あるいは工法にも工夫を凝らすことによって、人件費を安く抑えることにより、建て売り住宅のような感覚で購入できるものも提供されるようになっています。

住みやすい空間づくり

木の家は、その材料が住む人に優しいものであることから非常に高い人気を集めるものとなっています。
それを注文住宅という形で多くの人に提供できるようにと、コストを下げる流れが続いています。
提供される木材の種類を限定することでもコストの削減が行われていますが、木にはそれぞれに特徴も長所も異なるものです。
それを適材適所ということを目指して、希望する家造りにおける空間にどう使用するのかをアドバイスする、コンサルタント的な役割をも担うものとなってきています。
それもなるべく安い材料で、最大限の効果を生み出せるようにアドバイスしてもらうというわけです。
限られた予算の中で、いかに長く住み続けることのできる落ちつける空間を作り出すかが課題とされているわけです。

オススメリンク

国分建設ならこちらのサイトをチェックしよう!:おすすめハウスメーカー5選 in茨城

納得できる木材を選ぶ

注文住宅で一戸建てを建てる場合、選択肢として、木造住宅、RC住宅、軽量鉄骨住宅が一般的です。現在の日本では木造…Read more

工法の変化

一戸建て住宅では、昔から木の家を建てることが主流となっていた。日本では、森林は豊富にあり、昔から木を用いて家が…Read more

関連リンク